犬の散歩代行サービス選びの注意点とは?おすすめ散歩代行業者についても解説

この記事では「犬の散歩代行をしているペットシッターを探す際の注意点 」を中心に解説しています。また、おすすめのペットシッターも紹介しています。

あなたは「犬の散歩代行サービスの注意点」などについてご存知でしょうか。注意点を知れば「安易に代行サービスを選ぶ」といったことが減り、より安全な利用につながります。そこで今回は「犬の散歩代行をしているペットシッターを探す際の注意点 」を中心に解説していきます。

犬の散歩代行サービス

犬の散歩代行サービスは、さまざまな事情で散歩ができない飼い主の代わりに、飼い犬を散歩してくれるサービスです。近年急激に増えてきており、アメリカで一般的な「ドッグウォーカー」のようなものです。

犬の散歩代行サービスにおける仕事内容

犬の散歩代行サービスでは、散歩とその他サービスが一体となったプランがあります。

具体的には
・ご飯をあげる
・水を換える
・トイレ掃除
などが含まれていることもあり、簡単なお世話を行ってくれることが多いです。ここでは、散歩のみに絞って仕事内容を簡単に紹介していきます。

散歩サービスでは、飼い主の自宅にシッターが派遣され、飼い犬とあらかじめ決められた時間に散歩をします。これが基本的な仕事となりますが、その際には
・1日1回の散歩プラン
・1日に数回散歩するプラン
などから選べる場合もあります。基本的に、散歩代行サービスを依頼する前には簡単に打ち合わせをするため「1日何回散歩するのか」なども考えておいてください。

おすすめの散歩代行業者は?

散歩代行サービスを展開している業者の中で最もおすすめなのが「ペットシッター」です。

おすすめな理由は
・送迎の手間がないこと
・飼い犬のストレスが少なくてすむこと
などです。

以下では散歩代行をしているペットシッターを探す際の注意点について紹介していきます。

散歩代行をしているペットシッターを探す際の注意点

注意点として挙げられるのは
・ペットシッターは資格なしでもできること
・ペットシッターにはアルバイトもいること
・ペットシッターの料金やプランは業者によってまちまちであること
以上の3つです。順に解説していきます。

ペットシッターは資格なしでもできること

注意点1つ目は「ペットシッターは資格なしでもできること 」です。まず、ペットシッターは資格必須の仕事ではありません。そのため、資格なしでも働くことが可能です。「なぜ注意するのか」という理由ですが「知識や経験のない方」も一定数いるからです。

資格を持っている方は知識や経験を最低限持っているため、動物の扱いに長けていますが、無資格の方はそうと限りません。基本的にきちんと学んだ経験や証拠がないため。やはり信用に欠けてしまいます。一時的にでも飼い犬の命を預けるわけなので、慎重に検討しましょう。

ペットシッターにはアルバイトもいること

注意点2つ目は「ペットシッターにはアルバイトもいること 」です。上記の「ペットシッターは資格なしでもできる」という話につながりますが、ペットシッターは無資格でもできるため、アルバイトの方もいます。

アルバイトが悪いわけではありませんが「ただ犬が好きだから」という方が多く、仕事感覚でない方や知識のない方もいます。そのため「万が一のことが起きた場合の対応が遅れる可能性」などもあり、不安が残りますので注意してください。

ペットシッターの料金やプランは業者によってまちまちであること

注意点3つ目は「ペットシッターの料金やプランは業者によってまちまちであること 」です。ペットシッターの業者には
・散歩代行サービス単体のプランを提供している業者
・散歩代行サービスと他のサービスがセットになったプランを提供している業者
以上の2種類がいます。

後者の場合、価格が相場と異なっていたり、不要なセットがついていたりするため業者選びの際には注意しましょう。また、一般的に資格もちのシッターを採用している業者のほうが、少し高めとなっていますが可能な限り「有資格者」のいる業者を選ぶのがおすすめです。

実際にあったトラブル

実際にあったトラブルの具体例は「散歩中に犬が逃げてしまった」です。詳しく紹介していきます。

散歩中に犬が逃げてしまった
「犬の散歩中、車のクラクションに驚き犬が逃げてしまった」などという事例です。逃げてしまう理由は
・散歩をしていたシッターも驚いてリードを持つ力が緩んだ
・驚いた拍子に首輪が外れてしまった
などが主です。

散歩中に逃げてしまった飼い犬は迷子になることが多く、自力で帰ってくる子もいますが、中には帰って来ない子もいます。こうした悲しい事例を避けるためには
・愛犬がよく反応するもの
・愛犬が恐がっているもの
などを細かく伝える必要があります。

安い代行を選ぶメリットデメリット

近年、犬の散歩代行サービスを行う業者が増えている関係で「安い」という点を売りにしている業者が増えてきています。そのため、ここでは安い代行業者を選ぶメリットデメリットについて解説していきます。

メリット
メリットとして挙げられるのは「安価なため利用しやすいこと」です。

デメリット
デメリットとして挙げられるのは
・有資格者のシッターはまずいないこと
・融通が利かないことが多いこと
以上の2つです。

上記に挙げた通り、基本的に安い代行業者を選ぶ場合には、メリットが少なくデメリットが多いです。そのため、相場にあった価格設定の業者をおすすめします。

おすすめ散歩代行業者は「オリーブシッター」

オリーブシッターがおすすめな理由は
・初めて利用する際にカウンセリングが受けられること
・基本のシッティングプランが使いやすいこと
・シッター全員が動物関連の有資格者であること
・ペットシッター業界初の3冠を達成したこと
以上の4点です。順に解説していきます。

初めて利用する際にカウンセリングが受けられること

オリーブシッターでは、シッター2名が自宅まで来てカウンセリングを行います。「普段のお世話内容」についてヒアリングしたのち「オーダーメイドのお世話メニュー」を作ります。

基本のシッティングプランが使いやすいこと

オリーブシッターでは
・オーダーメイドのお世話
・家事代行
・病院などへの送迎・付き添い
・指定場所でのお世話
以上の基本シッティングプランがあります。

特に「オーダーメイドのお世話 」では
・お散歩代行
・ごはん
・お水換え
・トイレ掃除
・遠足(ドッグランなど)
などの豊富なサービスから必要なものを選べます。

シッター全員が動物関連の有資格者であること

オリーブシッターではシッター全員の顔写真と資格、各人のひとことが載せられています。そのため、有資格者であることが素人目にもわかり、信頼を置きやすいです。

ペットシッター業界初の3冠を達成したこと

国内最大級のモニター調査機関である「ゼネラルリサーチ株式会社」のアンケート調査で
・「ペットシッターお客様満足度」
・「信頼できるペットシッター」
・「獣医師がおすすめするペットシッター」
以上3項目の「第1位」に選ばれました。これは業界初の3冠であり、オリーブシッターが良いペットシッター業者である証です。

まとめ

「犬の散歩代行をしているペットシッターを探す際の注意点」などについては、お分かりいただけたでしょうか。ペットシッターの利用経験がない方ほど、良い業者選びに苦戦しがちです。もしも業者選びに迷うようでしたら、上記で紹介した「オリーブシッター」を利用してみてください。